声優・演劇科(声優・俳優・タレント 専門学校)

クリエイティブを現場で磨く。



日本工学院専門学校 日本工学院八王子専門学校 2年制 声優・俳優・タレントをめざす人のための情報ブログ 声優・演劇科ブログ

声優・演劇科blog

2007年02月02日 2年生に続け! 1年生の舞台デビュー!!

0202.jpg第4回杉並演劇祭にて上演予定の「ぞめきの消えた夏〜グアム戦乱舞闘〜」に、蒲田校1年生の多田聡君が見事オーディションを通過し、出演することになりました

多田君自身外部公演への出演は初体験!!
2月1日にはマネジメント・サポートセンターのマネージャーさんに同行していただき、靖国神社での公演成功祈願のあと、顔合わせというスケジュール。共演者、スタッフのみなさんへのあいさつ、今後の稽古日程の調整などマネージャーさんと二人三脚でおこないました。



でもそこはまだまだ1年生。入学式以来2度目のスーツ姿で、靖国神社で皆さんとお会いする前には極度の緊張状態!!その様子をマネージャーさんは「右手と右足を同時に出して歩いてしまうんじゃないか、とみている私もハラハラしましたよ」とコメント。

この作品は日本民間放送連盟優秀賞を受賞したラジオドラマをもとにした演劇で、第二次世界大戦中、グアム島にて玉砕した若き兵士達の思いを「ぞめき」(阿波踊りのお囃子)にのせて綴られます。
ディスクジョッキーの皆さんが「自分たちにも出来る平和祈念」の一環として、はじめた公演活動で、作品中では、阿波踊りと演劇のコラボレーションといったところもみどころです。

まだまだ荒削りな部分もありますが、共演者・スタッフのみなさんにも支えられて精一杯初舞台を努めさせていただきます

ぜひ、みなさんにも多田君の初舞台をご覧いただければと思っています。(蒲田校:森岡)

 DJP「ぞめきの消えた夏〜グアム戦乱舞闘〜」   
 3月3日(土)午後6時開演/3月4日(日)午後2時開演
 会場:ヴァーシティホール(会場ホームページ

「ぞめきの消えた夏〜グアム戦乱舞闘〜」オフィシャルページはこちら

n-50248540 at 21:12 | この記事のURL | |

2007年01月26日 ドリパーアニメ制作委員会!

0126top今日は、以前ご紹介した文化放送「明・めぐみのドリーム・ドリーム・パーティー」(ドリパー!)のコーナー「ドリパーアニメ制作委員会」についてお伝えします

本校マンガアニメーション科のみなさんとコラボしてオリジナル作品を作ってしまおう!! さらに、ストーリーやキャラの設定などリスナーの皆さんからという壮大な企画なのです

TOPの画像は、キャラの設定画です

そして現在の進行状況は・・・

作画が終了し、順調に撮影が進んでいるもようです

0126-2そして・・・
絵コンテをちょこっとだけ公開

はたしてどのように仕上がるのでしょうか?


 

この作品は、3月に開催される東京国際アニメフェアで公開しま〜す                                                       

乞うご期待(蒲田校:森岡)


「ドリパー」番組ホームページはこちら

マンガアニメーション科Blogはこちら

 

n-50248540 at 16:42 | この記事のURL | |

2007年01月24日 特別講義

0124top今回は先日行われた特別講義の模様をご紹介します。

声優・俳優科では、セルフプロデュース(魅力的なジブンづくり)に力を入れています。そこで、今回の特別講義は「Studio V」のアートディレクターで、メイクアップアーティストの川原文洋先生によるデモンストレーションを行いました。


川原先生は、日本を代表するメイクアップアーティストとして、パリコレクション、東京コレクションといったファッションショーや、超大物女優さんのヘアメイク、さまざまな雑誌など、幅広いフィールドで活躍されています。


デモンストレーションでは、いつもレッスンで使っている教室にステージと照明・音響機器をセッティングして、スポットライトの中に浮かぶステージの上で、モデルさんにメイクをしていきます。

川原先生の動きを食い入るように見つめて息を飲み込んでしまう学生たちに、メイクのポイントやテクニックなどをユーモアたっぷりに分かりやすく解説される川原先生。緊張気味の学生たちも次第にリラックスしていきます。ヘアメイクだけでなく、教室の空気までもトータルでメイクアップしてしまう、アーティストとしての姿勢に感嘆してしまいました!


0124-2川原先生から学生たちへ、
僕は「感」ということばを大切にしています。それは感動だったり、感激だったり、感謝だったり。

たとえば、道ばたに咲いている小さな一輪の花を見て「かわいいなぁ」って思えることや、いつも通っている町並みの景色にも新しい発見ができること。空の色や風の匂い。それをどうやって「感じるか」が大事だと思うんです。そこからイメージがわいてくるんです。みなさんには、ぜひいろんなところに行って、見て、感じてほしいと思います。とのメッセージをいただきました。


「川原先生の作品」を楽しむとともに、「ジブンという作品」をどうつくりあげるか?を考える、とても刺激的な講義となりました。

(蒲田校:森岡)

n-50248540 at 16:27 | この記事のURL | |

2007年01月17日 卒業公演のご案内・・・蒲田校

k-sotsuko先日ご案内しました八王子校の卒業公演につづき、蒲田校の卒業公演をご案内します

蒲田校では、今回3本の作品、計18ステージ!
を上演します。



学生生活最後の公演は、プロとしての入り口としての公演でありたいというコンセプトで、出演オーディションをおこない、合格したひとが稽古にのぞんでいます。 授業のワクを飛びこえて集まった面々なので、稽古も新鮮かつ真剣そのものです!

「チェーホフ・ボードビル集(未来社)悪党」  
  作:アントン・パブロビッチ・チェーホフ/演出:村松晴雄
 2月10日().11日(日・祝).12日()
  13:00開演/17:30開演
  ※開場は開演の30分前です。
 会場:蒲田演劇工場

kamaen-map











「夏の夜の夢」                
  作:ウィリアム・シェイクスピア/訳:小田島雄志/演出:藤城裕士
 2月16日(金).17日().18日()
  13:00開演/18:00開演
  ※開場は開演の15分前です。
 会場:第五稽古場(6号館1F)

「法王庁の避妊法」              
  著:篠田達明/作:飯島早苗・鈴木裕美/演出:ヨシダ朝
 2月23日(金).24日().25日()
  13:00開演/18:00開演
  ※開場は開演の15分前です。
 会場:第一稽古場(1号館2F)

school-map







入場無料(全席自由・チケット制)
 定員100名程度の小さな会場ですので、事前にチケットをご予約ください

チケット予約・お問い合わせ:蒲田演劇工場
 TEL.03−3732−1167(平日10:00〜18:00)

たくさんのご来場をお待ちしていますっ!!

n-50248540 at 20:17 | この記事のURL | |

2007年01月15日 「明・めぐみのドリーム・ドリーム・パーティ」八王子校オーディション

「明・めぐみのドリーム・ドリーム・パーティ」

文化放送にて、毎週日曜日24:00〜24:30放送中)に出演する
アシスタントの2次オーディション
が八王子校にて行われました。

今回は八王子校では俳優・声優科12期生から出演希望者を募集。
書類選考通過者19名は緊張しながらも必死に自分をアピールしていました

審査員には、文化放送 宮野プロデューサー、放送作家 花崎先生、
マネージメントサポートセンター 岡田マネージャー、秋葉マネージャー、服部
マネージャー、インターネット裏ドリパー番組担当 松林先生をお招きしました。
学科長の 清水先生の目も光る中、合格したのは19名中、6名

彼らは次回、文化放送にて2月中旬に行われる第三次オーディション
挑みます! 頑張れ〜

「明・めぐみのドリーム・ドリーム・パーティ」はインターネットで「裏ドリパー」
ご覧になれます。

アドレスはこちら→http://www2.ttcn.ne.jp/~ad-voice/

n-50248540 at 17:55 | この記事のURL | |

2007年01月15日 八王子校 卒業公演のご案内

あけましておめでとうございます。

新年を迎え、八王子校演劇声優科11期生Dゼミ(俳優ゼミ)はいよいよ
卒業公演の追い込みとなりました。
彼等の学性生活最後の舞台、どうぞ足をお運びくださいませ

卒業公演 日程

D3ゼミ「夏の夜の夢」  原作/ウイリアム・シェイクスピア 演出/西久保治好
    1月22日(月)・1月23日(火)

D2ゼミ「ジャン・ヴァルジャン」   原作/ヴィクトル・ユーゴー 演出/室生春
    1月26日(金)・1月27日(土)

D1ゼミ「八月のバラ」   作・演出/大畑ゆかり
    1月31日(水)・2月1日(木)

     ☆開演☆13時/16時 (全公演共通、1日2回公演)
         *開場は開演の20分前です。
     ☆場所☆日本工学院八王子専門学校 スタジオ棟3階 BOX STAGE
     ☆お問合せ☆042-637-3132(演劇声優科 教員室直通)
  

八王子校  橋本・田中記

n-50248540 at 17:50 | この記事のURL | |

2006年12月22日 HRにいらっしゃいました☆「森は生きている」

森は生きている劇団仲間が紀伊国屋サザンシアターにて
『森は生きている』を上演します。
『森は生きている』は1959年初演以来、1900回を越える上演回数で全国の子供から大人まで魅了している感動の名作です。

その舞台に、八王子校3期卒業の高木恵美子が出演します。


2年生のHRに、劇団仲間に今年、準劇団員として入所した10期卒業生の栗原千恵子が来てくれました。次回公演の話にとどまらず、レッスンの様子も話してくれ、毎日頑張っている様子を感じました。

彼女が舞台に立つ日も近いかもしれません!?

『森は生きている』の新宿公演幕開けはもうすぐです!
感動の名作と、八王子校出身の卒業生の活躍を合わせてお楽しみに下さい。

劇団仲間『森は生きている』
12月23日(土)〜27日(水)・1月4日(木)・5日(金)
場所 新宿 紀伊国屋サザンシアター

詳細→http://www.gekidan-nakama.com/introduction.html(劇団仲間公式HP)

n-50248540 at 16:0 | この記事のURL | |

2006年12月11日 Vゼミ(声優コース)ラジオ生放送☆エフエムさがみに見学へ・・・

1月末から2月上旬にかけて相模原市の「エフエムさがみ」スタジオにて2時間の卒業制作生放送を控えている2年生Vゼミ(声優コース)は、先日、現場見学に行ってきました。
エフエムさがみでは担当の大木さんに説明をしていただき、本番への意気込みがますますヒートアップ

ラジオ2時間生放送 『ザ・デビュー アフターヌーンブレイク』
  1月25日〜2月8日 毎週木曜日 13:00〜15:00 
 
 エフエムさがみ(83.9MHz)
 → http://www.fmsagami.co.jp/ (PC)       http://www.fmsagami.co.jp/i/ (iモード・EZweb)
 放送エリア → 
http://www.fmsagami.co.jp/area/

さがみ3さがみ2さがみ1

 

 

 

 

八王子校 橋本記

n-50248540 at 13:18 | この記事のURL | |

2006年12月08日 Vゼミ(声優コース)卒業制作☆ラジオドラマ収録☆

Vゼミ(声優コース)の学生は卒業時に卒業制作としてラジオドラマを収録したCDが配布されます。

今年は11月27・28日と12月4・5日に学内最大の音響スタジオであるAスタジオで収録しました。音響監督には千葉繁先生、そして音響スタッフには音響芸術科の1年生を迎えての収録です。

ラジオドラマはブースの広さを生かして収録します。
ガヤ(周りにいる人々の音)を作るために、中心人物から距離をとって座って演技をしている人もいます。

リハーサルの後、演技指導、そして本番・・・とシーンごとに収録していきます。

コントロールルームでは

MAコース担当講師 肥沼 未雪(コイヌマ スエユキ)先生


ラジオコース担当講師 本石 武夫(モトイシ タケオ) 先生

の指導の下、音響芸術科の学生も真剣な表情!


千葉先生は「きらりん☆レボリューション」をはじめ、多くのアニメの音響監督もなさっているので、まさにプロの現場をそのまま学校に移した印象をうけました

作品のできばえに満足顔の千葉先生

完成が楽しみです

八王子校 橋本記

123

456

 

 

 

 

n-50248540 at 17:43 | この記事のURL | |

2006年12月04日 HRにいらっしゃいました★(株)ぱるエンタープライズ

ぱる写真2年生HRに(株)ぱるエンタープライズの中道さん(代表取締役)と米田さん(演劇制作部)がいらっしゃいました。
ここは本上まなみさんが所属していたプロダクションです。
以前はTVやCMなどのタレントマネージメントが中心でしたが、最近では舞台も精力的に製作なさっています。

中道さんは「若くてエネルギーの溢れる人材が是非、欲しい
とおっしゃっていました。「若くてエネルギーの溢れる人材」・・・
これこそ、我が学科の目標とする学生像です。

これからオーディションの季節に突入します。
溢れるパワーを武器に夢にむかってがんばれ

八王子校 橋本・木村記

n-50248540 at 16:9 | この記事のURL | |