声優・演劇科(声優・俳優・声優 専門学校)

クリエイティブを現場で磨く。



蒲田 八王子 2年制 声優・俳優・タレントをめざす人のための情報ブログ 声優・演劇科ブログ

イギリス アプライドドラマ研修(蒲田)

2015年09月16日 イギリス アプライドドラマ研修(蒲田)

こんにちは蒲田校です!

8月30日から9月6日までの8日間、イギリスのチェスター大学でアプライドドラマ研修行ってきました!!
イギリス研修は今年で13回目!!
今年も学生たちはイギリスでワークショップに参加し、太鼓パフォーマンスを披露してきました。
イギリス01


イギリス13




蒲田校では毎年春にチェスター大学のアレン・オーエンズ教授と当校卒業生のドラマプラクティショナーで共同研究者ナオミ・グリーンさんに来ていただいてアプライドドラマの特別授業をしていただいています。
夏には学生たちがイギリスのチェスター大学へ行き、学校の寮に泊まりながら、イギリスの高校生やドラマ教師を目指す大学院生とともにワークショップを体験しています。
イギリス03

イギリス03

イギリス02


日本では演劇とは台本を使い人に見せるためのものを一般的にさしますが、イギリスでは演劇を「ドラマ」人に見せることを目的とせず演劇(ドラマ)を作っていく過程の中に何らかの学びがあるドラマ教育と「シアター」台本を使い人に見せることを目的とするに分け、ドラマ教育が義務教育にも使用されています。
そしてアプライドドラマはドラマ教育の応用(アプライド)として学校だけではなく、刑務所や地域コミュニティー、ビジネスなどに利用されています。
学生たちはそのアプライドドラマでストーリーを追いながら、人間関係、状況、社会問題などを考えてきました。
イギリス05

イギリス07


太鼓パフォーマンスでは出発前から練習を積み、いろいろなところで披露させていただきました。たくさんの地元の方に見ていただき、たくさんの拍手とチップをもらうことができました。
イギリスでは日ごろから多くの路上パフォーマンスが行われていることもあり、地元の方々の厳しくも暖かい評価は学生たちの大きな励みとなりました。
イギリス08

イギリス11

イギリス12

n-50248540 at 15:11 | この記事のURL | |